おうち時間はカーテンでより快適なものに!

自宅での時間が増えている昨今、インテリアに関心を持つ人は非常に増えています。そんな中でインテリアの主役であり、名脇役であるカーテン、これを選ぶ時のポイントやどんな加工があるか、また寿命やお手入れなどのカーテン全般のことについてご紹介いたします。

カーテンはインテリアの主役!

カーテンはインテリアの主役

誰でも窓際インテリアとして連想するのがカーテン、あまりインテリアにこだわりが無い場合でも機能性を重視して購入していることが多いです。
カーテンの機能性はさまざまで、最低限目隠しとしての役割を果たしています。
一人暮らしでもカーテンは必要、そうでないといつでも家の中が丸見えで、防犯上問題がでてしまいます。
そのため最低限目隠しを目的として購入する人が多く、それに付属して他の加工をしているものを購入していることが多いです。
そのカーテン、機能は勿論ですが存在感が大きく、インテリアの主役にもなります。
特にワンルームの場合、窓はベランダにつづく窓のみとなっている事もあり、閉め切るとカーテンがインテリアの中心になりやすくなります。
最近家での時間が多いのでインテリアにこだわりを持つ人が多くなっており、そんな中でカーテンも同様に見直しをしている方が増えています。
部屋作りにハマると家具から見直しをしていく事が多く、またDIYなどでまた戻せる程度の簡単な内装変更もしている人がいます。
DIYの方法もネットで簡単検索、また百均を利用するとリメイクシートの種類も豊富、そのため安価で簡単にDIYが可能となっています。
カフェ風、スタジオ風、バー風、海外風……さまざまなコンセプトをもって内装変更をしている方が増えており、SNSでも室内の写真を掲載している人が増えています。
綺麗にコンセプトどおりまとめられた内装は見る人にも刺激を与え、見た人がそういった部屋に憧れて内装に手をつけていく……そうしてインテリアにこだわる人は増えていってます。
そんなインテリアコーディネートをする上で大切なカーテン選び、中には窓も隠してしまうという大胆な内装変更をしてしまう人もいますが、それはなかなか難しいもの、できない人が大半となっています。
そのため窓際のインテリアもしっかりこだわって、もともとの間取りを最大限活かし生活がしやすいままに内装をこだわりたい、そんな人が大半となっています。
そのときカーテンの色柄もこだわりたいところ、存在感を活かしたカーテン選びをすることで内装のまとまりがワンランク上のものになります。
窓際のインテリアといってもカーテンだけではなく、ブラインドやロールスクリーンを選ぶ場合もあります。
勿論ブラインド、ロールスクリーンにもいいところがあり、ブラインドはどこかオフィスの印象が強いかもしれませんが和風の部屋にも案外マッチします。
ロールスクリーンはそれそのものが一枚絵のように扱われており、よりスタイリッシュな空間を作りたい時におすすめです。
カーテンはこの中で一番使いやすい、というメリットがあり、また色柄も豊富です。
お手入れも簡単なのでインテリアにはこだわりたいけれどメンテナンスも簡単がいい、そんな方におすすめな窓際インテリアとなっています。
肝心のコーディネートはポイントさえおさえていれば失敗知らず、部屋の壁と同系色にしたり類似色にするとスッとまとまりやすくなります。
また既に家具でインテリアコーディネートを楽しんでいる方はそのテーマにそって、また家具のカラーリングにあわせると失敗しないカーテン選びがしやすくなります。
シンプルでカラーバリエーション豊富のものから柄にこだわったものまでさまざま、多種多様なカーテンの中からお気に入りのものを探したいところです。

ネットショップの『びっくりカーペット』なら、おしゃれで高機能なカーテンがたくさん揃っています。
https://bicklycarpet.co.jp/

しかも!無料でサイズオーダーができるので、お家の窓にぴったりサイズのカーテンをリーズナブルな価格で購入できます。
ぜひお気に入りのカーテンを見つけて、お家での過ごしを心地よいものにしていきましょう。

目的によって変わる機能性

カーテンの機能性

カーテンにはさまざまな加工を施すことで、さまざまな機能性があります。
そのため使う部屋によって必要な加工が変わるもの、カーテンの加工もあわせてご紹介いたします。

まず遮光性、これは多くの方が最低限必要としています。
遮光性のあるカーテンと一緒にレースカーテンも購入して使用することが多いです。
閉め切る時はしっかり両方閉めきって、昼間日光を適度に取り入れたいときはレースカーテンだけ、目隠しの役割は失わず便利です。

そして遮音性、これは道路に面している部屋などに特に重宝されます。
外の音が気になる、そんな時はこの遮音性のあるカーテンの購入をおすすめいたします。
オフィスでは気にならなかった音もテレワークの場合気になる、ストレスに感じてしまう方は遮音性カーテンの購入をおすすめいたします。

防炎性カーテンは高層階のマンションではとりつけが義務付けられているので高層マンションにお住まいの方は必須です。

断熱性カーテンはエアコンの効きやガラスの曇りを防いでくれるため、環境によってはおすすめとなっています。

他にもUVカット花粉防止など加工によって便利な機能性をもっているカーテン、より快適に生活するためにもしっかり選んでおきたいところです。

住む地域や環境、そして使用する部屋によって全然かわってくるカーテン選び、一概にこれを選んでくださいというものはなく、そのカーテンを使う空間ではなにをするか?また車の音などはどうなっているか?冷え込みが強い、日差しが強いか?そうした要素を考えて欲しい加工をしているカーテンをえらぶのがおすすめされています。
カーテンの機能性は多彩なので、今まで知らなかったような画期的なものも見つかる場合があります。
そのためネット通販でそうした商品を発掘していくのも楽しみです。
またショップによってレパートリーもさまざま、カラーバリエーション豊富な無地のものもあれば色柄が美しいものもあります。素材もさまざまで超軽量遮光カーテン、また遮光の加工がされていなくてもそのままで光を通さない高級感漂うベルベット生地などがあります。
機能性も同様ですがその部屋のインテリアにあわせたコーディネートは可能、カーテンの種類は色、柄、サイズ、加工それぞれ豊富なので、いくつかのショップで選んで比べて、より自分のお気に入りを見つけていくのをおすすめいたします。
また値段についてもピンキリですが、安くて高機能なシンプルカーテンも販売されており、引越しの際にとりあえずこれで、という気軽さで購入できるものもあります。
インテリアをこれから作っていくのでメインのカーテンは最後まで悩んでおきたい、そんな人には特にシンプルなカーテンがおすすめとなっています。
悩むカーテン選び、最初はとりあえずシンプルなものを置いておいて、機能性だけ重視するのも手です。
大体5年経過したくらいでカーテンの寿命が訪れはじめるようなので、その時はインテリアや環境にあわせて購入しなおすのもおすすめとなっています。

カーテンのメンテナンス方法は?

カーテンのメンテナンス方法

カーテンを購入してそれからずっとメンテナンスをせずにきてしまっている人も多いものです。
確かに色柄の主張は激しいですが、あまりカーテンを注視することもないので案外カーテンの汚れなどは気付きにくいもの、そんなカーテンを放置してしまうと思わず不調の原因になります。
まずハウスダストやダニの問題、カーテンはカーペットなどと同様に布製なので、埃をため込んだりダニを繁殖させる部分になりやすいです。
また窓際にあるということでどうしても外気と一緒にやってきた花粉なども付着しがち、そのためそのカーテンを放置しておくとアレルギー性鼻炎の原因になってしまったりします。
そして無意識的にカーテンを開け閉めしているとその埃などが散布、結果埃を室内に拡散してしまうこともあります。
そのためカーテンのメンテナンスは大切、しっかりメンテナンスをしておくことでハウスダストを軽減したりすることもできます。

ではカーテンはどうやってお手入れをしたらいいのか?ここに躓いてメンテナンスを放置してしまっている人も多いのでそれについてご紹介いたします。
カーテンは他の窓際インテリアに比べて格段に手入れがしやすいものとなっています。
というのもカーテンは丸洗いが可能なものが多く、そして取り外しもカーテンレールから外せばそれで終わり、そのため非常に手入れがしやすいものとなっています。
また大抵のサイズが家庭用洗濯機で十分事足りますので、そのまま洗濯可能、蛇腹折りにして片方だけ縛っておくと洗濯機の中でひろがることなくコンパクトなままでしっかり洗濯も可能です。
洗濯が終わればそのまま元の場所にかけるだけで洗濯は完了!干すための場所を用意する必要はなく、そのまま元の定位置に戻すだけで問題ないです。
そのまま乾かすだけで終わり、窓際のインテリアのメリットですぐに乾く上に、加湿の役割も果たしてくれますので一石二鳥となっています。
気になる場合は或る程度乾くまではカーテンの下にタオルを敷いておくのも手です。
絨毯に水分がいかないようにしておくと安心となっています。
カーテンにも寿命あるので、買い替えは必須ですがその間快適に使っていただくためにもメンテナンスは必須!いままでカーテンのお手入れをしてこなかった方もこの機にしてみるのをおすすめいたします。
特にタバコを吸う家族がいる家の場合ヤニ汚れでカーテンは色変わりしてしまっているもの、レースカーテンだとそれが顕著です。
洗うだけで真っ白なカーテンが蘇るなど、目に見える変化があります。
窓際の主役のインテリアであるカーテン、そこを清潔に保っておくと部屋の中も爽やかに感じられます。
目立つインテリアの中でも特にメンテナンスがしやすい部分なので、日当たりのいい日に洗濯しておき、いつまでも綺麗に保つのがおすすめです。
購入時のように綺麗な状態が取り戻せる場合もあります。

カーテンの洗濯頻度はどれくらい?

カーテンの洗濯頻度

カーテンは排気ガスやタバコの煙、生活臭、ほこり、花粉などで思っている以上に汚れているものです。
基本的にカーテンは家庭用洗濯機で綺麗に洗浄できるものとなっていますが、その洗濯頻度はどれくらいが適切か?それを知っておくとカーテンの寿命である5~8年を迎えるまで綺麗に使用できます。
またお風呂などの水場近くのカーテンも同様で、カビの繁殖の温床になっている場合もあります。
そんなカーテンを綺麗に保つためにも、大体の頻度を覚えておくと便利です。
カーテンの洗濯の頻度は厚手のドレープカーテンで年に1回程度、そして汚れが目立ちやすいレースカーテンは年に2~3回が目安とされています。
この通り案外少ないものとなっており、家庭環境によっては大掃除のときに洗濯をしておく程度で問題ないです。
もしタバコを室内で吸っていたり、おおきな道路に面している部屋のカーテンの場合はもっと頻度を増やす必要がありますが、そうでない場合はこの頻度で特に問題ないのです。
洗濯をする場合は基本的に丸洗いができるものが多いですが、念の為品質表示を確認してそのまま洗濯して問題ないものか確かめておくのがおすすめです。
またそのまま洗濯機にいれるのではなく、まずはたいたりしてほこりを落としておくのもおすすめとなっています。
より綺麗に汚れが落ちやすくなるので、カーテンを洗うときはやっておくとあとあと楽になります。
脱水後ですが、そのまま放置しておくと皺になってしまうので、すぐに取り出すのをおすすめいたします。
そしてそのままフックにかけていつも通りの定位置に戻すだけ、これを年に一回やるだけ、カーテンのメンテナンスは非常に簡単です。
特殊な生地を使用している場合や、特殊な加工をしている場合は手洗いをしなければならないので、品質表示は絶対にチェックしておくのがおすすめ、無視してそのまま洗ってしまうと縮みや色落ちの原因になってしまいますので注意が必要です。
もし高級品や長年使用しているお気に入りのものはクリーニングに出すのもおすすめとなっています。
中には年数が経っており、紫外線ダメージが蓄積しているものもあります。
それは洗濯すると破れてしまう場合もありますので要注意です。
しかしそれは寿命の年数を超えていることも多いので、そのときは買い替え時期として新しいカーテンをお迎えするのもいいです。
カーテンは長い間使うもの、そのためより良いものを購入したくなります。
そんな時はネット通販で、より探しやすくお手軽に購入をおすすめいたします。